Fラン大学からの挑戦!目指せ、TOEIC990点満点ブログ!!

大学受験に失敗し、一年浪人を経験するも、第一志望に落ち悔しい思いを味わう。さらに、就職浪人も経験し社会の不条理、非情さを味わい、紆余曲折を経て社会人5年目にとして今に至る。 そして、学歴コンプレックスと戦いながら、 社会人4年目にしてTOEIC990点満点への挑戦を決意! 今現在のスコア630点(R300L330)2016年現在 2017年7月までにTOEIC990点満点取得します。

明日は我が身。

大学を卒業した頃の話。

 

自分は就職活動に失敗し、

将来、どうやって生きればいいのか何もわからず大学を卒業した。

つまり、『学生』という立場から世に言うニートという立場になった。

 

3月31日から4月1日というたった1日を境に人生が大きく変化し、坂道を転げ落ちたかのような転落を味わった。

 

あんな憂鬱な4月1日は初めてだった。

 

周囲は

研修だの、同期飲みだの、上司だの、初任給だの。

 

言っている中、

毎日行くあてもなく、さまよっている時期だった。

 

その頃は将来やりたいこともよく分からず、

 

地元の図書館とか、カフェとかにいき本を読み時間をつぶしていた。

 

「何をやっているんだオレは。」

常に罪悪感のようなものを抱え過ごしていた。

 

そんなある日、いつも行く地元のカフェに向かう途中、

 

道端にいるホームレスが自分の目に飛び込んできたのだ。

 

その時、雷が自分に落ちたかのような衝撃を感じたのだ。

 

次はお前だぞ。

お前もこうなるぞ。と

 

 

 

その衝撃を感じ、

 

これは、やばい。

死ぬ気でやらないと。

今の状況から抜け出さなくては。

 

そんなことを思ったのだ。

 

 

 

『明日は我が身』

 

という言葉がある。

 

決してホームレスの方を批判するつもりはない。

(家庭環境などの影響もあるし)

 

でも、自分で行動を起こし、

努力をしていかなければ、

社会は誰も自分を必要としてくれない。

 

 

努力もせず、怠惰な生活をすれば、

自ずとお金なんかなくなるし、家だって失ってしまう。

 

転落するのなんてあっという間。

 

そんなことを感じた23歳のある日だった。

 

それまで、ホームレスの方に出会ってもあまり気にも止めたことはなかった。

 

でも、その時、

自分がいつホームレスになってもおかしくないっていうことを、

 

肌で教えられた感じがしたんだ。

 

だから、努力し続けないと。

 

学生でも社会人でもなかった不安定な頃の自分。

 

あの頃の経験があるから、今こうして努力し続けていると言える。

就職しようが、これで安泰なんて思ったことは一度もない。

 

そして、これからも人生は続いていく。

 

社会という荒波にもまれながら。

 

 

Fラン大学からの挑戦!TOEIC990点満点ブログ!!

by Joe 現在630点(R300L330)2016年現在