Fラン大学からの挑戦!目指せ、TOEIC990点満点ブログ!!

大学受験に失敗し、一年浪人を経験するも、第一志望に落ち悔しい思いを味わう。さらに、就職浪人も経験し社会の不条理、非情さを味わい、紆余曲折を経て社会人5年目にとして今に至る。 そして、学歴コンプレックスと戦いながら、 社会人4年目にしてTOEIC990点満点への挑戦を決意! 今現在のスコア630点(R300L330)2016年現在 2017年7月までにTOEIC990点満点取得します。

努力と才能

誰でも、圧倒的なスキルや、自分には到底越えられないものを目にすると、

 

『才能』という言葉で片付けてしまうのではないか?

 

確かにその方が楽だ。

 

例えば、TOEIC990点満点の人を見て、

 

あの人は才能があるから…

帰国子女だから…

元々英語ができる人だから…

頭がいいから…

 

そんな言葉で片付ければ、『努力』の部分を見なくてすむし、

自分が負けても悔しくないのだろう。

 

 

でもそれは違う。

必ず結果を出す人はそれまでに、

膨大な『努力』の積み重ねがある。

どんな人も。

 

確かに『才能』があって、たまたま成功したとしても 、

成功し続けるというのは『努力』がないと絶対に不可能。

だから、

 

努力なくして成功なし。

 

 

この言葉、本当にそう思う。

 

こんな偉そうなことを書きながら、

自分自身は今までたくさんの失敗をしてきた。

 

高校の部活でレギュラーになれなかったこと。

試合で負けたこと。

現役で大学受験に失敗したこと。

一浪するも第一志望に落ちたこと。

就職にも失敗したこと。

 

 

その度に、世の中なんて所詮才能だ。

って思ったこともあった。

どうせやっても無駄だ。

みたいに無気力になり、腐ってた時期もあった。

 

 

でも、27年生きてきて、今やっぱり

努力しかねーなって思う。

 

本当に。

多少の才能の差はあっても、

正しい努力をすれば絶対にカバーできるって。

 

才能が半分だったら、

2倍の努力をしてやればいい。

 

今は、そんなマインドです。

だから、英語(TOEIC)だって努力でできると思ってる。

 

『今でしょ!!』で人気の予備校講師 林修先生は言う。

正しい場所で、

正しい方向で、

十分なされた努力は裏切らない。

 

やってやる!

 

 

Fラン大学からの挑戦!TOEIC990点満点ブログ!!

byJoe 現在スコア630点R300L330(2106現在)